読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼らの見る先の世界

欲望こそがアイデンティティ.

生まれ変わったら 手越祐也になりたい

※仕事で疲れている人間が書いた戯言です。こいつ疲れてんだな、と生温い目で見守ってください。また私はお茶の間てごにゃんファンであり、彼について詳しくは知りません。本記事は私がいかにてごにゃんを天才と思うか、を長々と語るだけの内容となっております。全然違うわ!!!と思うことがあっても、ご了承ください。※

 

 

 

 

生まれ変わったら、手越祐也になりたい。

てごにゃんこと手越祐也

私は彼を天才だと思っている。

世界一のエンターテイナーで、世界一のアイドルだ。

 美しいお顔、類稀なる歌唱力、突き抜けたバラエティセンス、運動神経の良さ、運の強さ、確固たる意志...

ありとあらゆる面において、てごにゃんは素晴らしい男性だ。

 

あのキリッとした大きな瞳で数多の乙女のハート泥棒したいし、あの美声で何千何万もの人を魅了したいし、バラエティでスーパーナルシスト発言して雑ないじりされたいし、寒空の銀座にランボルギーニのオープンカーで颯爽とあらわれたい。
実はくそ真面目で誰よりも熱くて努力家で、でもそんなところは全部隠して、子猫ちゃ〜んっ♡てファンの皆様を喜ばせてあげたい。愛してるよ〜♡って最高の笑顔で叫んで、ファンの皆様をぎゃーーーーー!って大絶叫させてあげたい。

ステージ上のパフォーマンスが絶対にいつもファンの皆様を絶対に裏切らない、そんなスーパーアイドル手越祐也になりたい。

私が生まれ変わったら手越祐也になりたいと思うのは、私がアイドルとしての手越祐也の生き様がたまらなく好きだからだ。

 

以前も書いたことはあるけれど、私は手越祐也というアイドルが、アイドルとしてのパフォーマンスを怠らないところを本当に尊敬している。どれだけバラエティでいじられようが、どれだけスキャンダルをすっぱ抜かれようが、アイドルとしてステージに立つの彼のパフォーマンスが、ファンの皆様を裏切ったことはない。歌もダンスもファンサも、手を抜くことはないし、いつだって現場やテレビの前にいる大勢のファンの皆様を、幸せにしている。彼は本当にアイドルになるべくしてなった、最高に適材適所な天才だと思う。

 手越どぅえっっす☆とか、ていてーいっ☆とかとんちきなことばっかり言っててこの人やばい人なのかな、と思わせておいて実はきちんと賢くて人間性がちゃんとしてるところも彼の魅力だ。去年の夏NEWSがメインキャスターを務めた24時間テレビの中で、ダーツの旅をしている彼を見た。町の人と話す時の言葉遣いがとてもきちんとしていて、普段のぶっ飛んだキャラとのギャップに驚いたし、素直に素敵な人だと思った。

 そう、彼のすごいところは全ての行動において、「アイドルとして」「アイドルなのに」という枕詞がつくことにある。
「アイドルとして」甘いセリフでファンを喜ばせくれるし、歌やダンスにおいても手を抜くことを知らない。顔がとても美しいのは言わずもがな。
「アイドルなのに」そこまでする!?というくらい身体を張ってくれるし、弄られることもオイシイという解釈のもと逆風をも味方にする。NGなしを自称するだけあって、度胸も場の空気を読む力も素晴らしい。ナルシストも実力が伴った彼の場合は認めざるを得ないと思わせる力があるし、もはや普段のトンチキぶりは演技なのではないかと思わせるほどの完成度の高さだ。

私はだいたい土日は仕事で月曜日が休みな人間なので、世間の皆様と真逆で、日曜の夜は華金のならぬ華日の夜、明日は休みだ仕事もない、そんな浮かれた気持ちになる。そしてそんな浮かれぽんちきな気持ちで家に帰ると、だいたいいつもちょうどイッテQがやっている。私は単純にイッテQという番組が好きなのだけれど、そこで大活躍しているてごにゃんを見ていると、涙が出るほど笑えるし、有言実行力には単純に感心するし、本当にてごにゃんは人を笑顔と元気にする(物理)スーパーアイドルだと思う。手越祐也を好きになったら、損はさせませんよ!とギラギラに感じるところがたまらない。手越祐也というスーパーアイドルに癒される日曜の夜が、私は好きだ。

ちょっと話が逸れたけれど、私は手越祐也というアイドルを見ていると、本当に心が満たされた気持ちになる。本当に彼は最高にファンタスティックで、 最高に魅力的な、スーパーアイドルてごにゃん♡なのだ。だから私も生まれ変わったら手越祐也になって、最高のエンターテイナーになりたい。何千何万もの女子のハートを鷲掴みにしたい。

痛みや逆境も全て受け止め、ただ前を向いて自分らしく、人生を100%で生きてる。彼は自分という人間を、人生を、1ミリたりとも無駄になんてしない。だから私は手越祐也を最も信頼のおけるスーパーアイドルで、スーパーエンターテイナーだと思っている。

 余談だけれどもこの記事書くために、手越祐也って検索しようと思ったら、予測変換の一番上が「手越祐也 ランボルギーニ」でくっそ笑った。

やっぱり彼はどこまでいってもどこであってもスーパーアイドルで、スーパーエンターテイナーだ。