読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼らの見る先の世界

欲望こそがアイデンティティ.

世界で一番好きな王子様

大好きだよ。

綺麗な人。

美しい人。

美談になんてしたくないのに

君があんまりにも美しいから。

君の仲間があんまりにも優しいから。

涙が溢れて止まらないよ。

今日も君は私が愛したアイドルの君でした。

誰かを笑顔にする最高のアイドルの君でした。

私の大好きなあの笑顔をずっと見せてくれました。

また更に好きになっちゃったじゃんか、どうしてくれるの。

君を想う涙を忘れないで。

その温もりを忘れないで。

好きだよ太陽のような君が。

好きだよ最後まで背中も涙も見せず前を向いたまっすぐな君が。

好きだよ輝く笑顔を持つ君が。

やっぱり君には笑顔が似合う。


君がずーっと幸せでいられますように。

君が愛した仲間が、君を愛した仲間がずーっとずーっと笑顔でいられますように。


KAT-TUNが好きだよ。

ありがとう。