読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼らの見る先の世界

欲望こそがアイデンティティ.

こんなクズに振り回されたい!ジャニーズ4選

現実で見るクズ男はだいっきらいですが、イケメンが演じるこんなにも滾るのはなんででしょう。

ということでイケメン扮するクズが大好きな私←がクズを演ってほしいジャニーズと私の歪んだ妄想と合わせてつらつらと述べます。どどーん。

 

 

 

関ジャニ∞ 安田章大くん

f:id:doronumachan:20170203122031j:image

やすくんは武道館を夢見るミュージシャンの卵。才能はあるし人気もそこそこだけれども、まだまだインディーズの身。 音楽だけじゃ食ってけないので、コンビニでバイトしていて、自分とはそこで出逢う。2つ年上で優しくて頼りになるヤスくん先輩にときめきっぱなしだけれども、核心をつけないまま自分は社会人になるときが来て、バイトを卒業することに。送別会をしてもらい、その帰り道に騒ぐ他の人たちを後ろから眺めていたら、そっと隣来たヤスくん先輩に「このまま○○と会われへんくなるの寂しいなぁ...?」と、子犬みたいな瞳で覗きこまれ、そのままあれよあれよと大人な関係に。言葉はなかったけど、あれ?私たち付き合ってるんだよね?と不安になりつつも、社会人一年目の忙しさと心の余裕のなさで、直接言葉に出して聞けない私。ヤスくんはふら〜っとやってきて、一人暮らしを始めた私のうちでゴロゴロだらだら。もちろん光熱費や食費も私持ち。社会人として一定の収入があるから仕方ないのか?と思いつつ、もはやヒモ状態のヤスくん。しかもたまに他の甘い香水の匂いを纏ったまま、何食わぬ顔でやってくるヤスくん。慣れない仕事の為に毎日できるだけ早く寝たいのに、夜中のシフトが終わった後に深夜2時くらいに平気な顔して押しかけてくるヤスくん。だいぶイラつく気持ちもあるんだけれども、「疲れた〜」とへにょへにょの笑顔で抱き着いてくるヤスくんが結局可愛くてしかたない。ある日ヤスくんがお風呂に入っているとき、今までそんなに興味がなかったヤスくんの宝物である愛用のギターを、何気なく触っていると、お風呂から出たヤスくんに、凍りつくほど冷たい声で「...俺の大事な宝物に何やっとんの...?」と言われ、急いで手を離しごめん、と謝るが微妙な空気に。そこで核心に迫れたら良かったんだけれども、初めて見たヤスくんの闇の部分に圧倒されてしまって、また何も言えず聞けず逃げる私。そのままヤスくんとは微妙な空気になり、最近あんまり会えてないなぁと思っているタイミングで、元バイト先の友達にヤスくんのバンドの練習を見に行こうと誘われる。そういえば長い付き合いだけどバンドしてるとこ見においでって言われた事なかったなぁ...とぼんやり考えつつ、最近微妙な空気だったし仲直りできるといいな、と差し入れを持ってヤスくんには内緒でスタジオに遊びに行くことに。スタジオについて部屋に入ろうとすると、中から楽しそうな声が聞こえてきて覗き込むと、とても可愛い女の子と楽しく談笑するヤスくんの姿が。私には触らせてくれなかった宝物のギターを、首から下げさせてあげて自由に触らせてあげているヤスくん。その目はとっても優しくて、愛おしそうで、ついにそこでやっと自分は都合のいい女だったことに気付く。一緒に来た元バイト友達は鈍感で、そんな空気にも気付かず部屋に入ろうとドアを開けたところで、いつかのヤスくんが纏っていた甘い香りがして、確信を得るのと同時に絶望を感じて、友達に差し入れを押しつけるように渡して、訳のわからない言い訳を口走りながら走って逃げる私。当然ヤスくんも私の存在に気付いていたけれど、もちろん追って来てはくれない。そのまま何もないまま終わって、数年たった頃、何気なく見ていた雑誌に注目のバンドとして取り上げられているヤスくん、そしてその左手の薬指に光る指輪を見つけて、古傷抉られたい。

f:id:doronumachan:20170203122058j:image

 

 

 

SixTONES 田中樹くん

f:id:doronumachan:20170203122107j:image

大学の初日のセミナーでたまたま席が隣だったのがきっかけで仲良くなる。樹はかっこよく人懐っこくお洒落で、スクールカースト最上位の目立つキラキラ男子。かたや自分は沢山いる中の1人のいたって普通のいまいち垢抜けない大学生。けれどもいつもすれ違ったり、授業が一緒になったり、電車の車両が同じだったりすると、キラキラの笑顔で話しかけてくれる樹。

 f:id:doronumachan:20170203122338j:image

 惚れてまうやろ〜!

いやいや、でも樹くんはキラキラ男子だし爆モテだし、可愛い女の子にいつも囲まれてるし、とかでもでもだってってもだもだ。最初は苗字だったのに、ある日いきなり下の名前で呼び捨てにされて、私の下の名前知ってたんだという驚きと、え、もうそんな距離感?という戸惑いで「え...あ、はい...」と少し呆然としている私に困った顔で「...やだった?でもおれ○○のこと下の名前で呼びたい。...だめ?」て聞いてくる樹に、結局フォーリンラブしたい。しょうもないLINEしてきたり、電車が一緒になれば一緒に帰ったり、キラキラの可愛い女の子たちと同じように自分をかまってくれる樹に、もしかしてもしかして...!?なんて自惚れてきた頃、テスト前で「テストやばい!ノート貸して〜(>_<)」なんてLINEを入れてきた樹に、にやにやしつつもノートを届けにいつも樹が友達とたむろしている喫煙スペースで、友達に樹あの○○って子と仲良いじゃん、付き合ってんの?と聞かれて、いつもの満面の笑みで「え、○○?絶対ないっしょー!なんか地味だし垢抜けないし。けどあいつ真面目だからさーテストん時とか役立つ訳!多分俺のこと好きっぽいしチョロいわけよー。だから俺も優しくしてんのーギブアンドテイクっしょっ」と、タバコをふかしながらチャラチャラと話す声を聞いて、失望したい。恥ずかしさと悔しさで、トイレで大泣きして、もう樹となんて喋らない...とか思うんだけれども、いつもみたいに○○って人懐っこい笑顔で話しかけてくる樹を結局突っぱねる事はできず、そのまま四年間だらだらずるずるいってしまうアホな私。卒業後に結局自分の思いを断ち切れず、「樹元気?」ってLINEするだけどいつまでたっても未読スルーで、え、ブロックされてるんかい...!って

自分の四年間のアホみたいな想いに、ズタボロに傷付いて終わりたい。

 

 

相葉雅紀くん

相葉さんとは合コンで出会いたい。お洒落なレストランで開催された今夜の合コンは、一流商社のお勤めのスーツイケメンが相手。イケイケの商社マン相手に、半ば引き気味の私の前に座ったのは優しい笑顔とスタイルの良さが目をひく相葉さん。 f:id:doronumachan:20170203172154j:image

「俺もこうゆうの慣れてなくて〜」っておちゃめな笑顔で話しかけてくれて、高そうなスーツと天然な会話のギャップにときめくとよい。猫が好きという話で盛り上がり、帰り際照れながら「あー...今度良かったら猫カフェとか行きませんかっていうか...また2人で会いたいなぁ、なーんて...」って言われて、エンダーーーー!ってなりたい。2人で出かけた時の無邪気な笑顔にもときめきたい。

f:id:doronumachan:20170203172605j:image

優しいしかっこいいし私の彼氏最高ーーー!!!って最高潮に盛り上がっている頃、2人でベットの上で過ごしているとき、偶然相葉さんの携帯の画面に映し出されたポップアップに「今日は遅くなるの?」の文字。え、まさか、え...となりその後自分で必死にFacebookやらなんならを探して、ついに相葉さんが既婚者だったことを知る。頭に血が上り、相葉さんを責め立てる私。一通り暴言を浴びせて後、泣き出した私の顔を覗き込んで

 「ごめんね...でも俺○○のこと好きなんだ...奥さんとは別れるから...こんな俺とはもういたくない...?」と捨てられた子犬のような顔で言われ、結局このままずぶずぶ泥沼に。もちろん相葉さんは奥さんとは別れないし、この後奥さんの妊娠が発覚したり、なんやかんやあって、結局、俺じゃ○○ちゃんを幸せにしてあげられない...とかなんとか言って逃げるように捨てられたい。

 

 

V6 三宅健くん

ずーっと好きで憧れていた健ちゃん先輩。f:id:doronumachan:20170203191308j:image

社会人になって偶然再会して、飲むことに。相変わらず先輩は自由で何してるのかわからないしふらふらふらふらしてるけど、くそほどかっこいい、けどチャラいゲスいし男としては最低。けどやっぱりかっこいいし面白いし、と昔の淡い気持ちを思い出し、そのときは仕事で落ち込んでいたし飲み過ぎたのもあったし、自分なんて相手にされないのはわかってて、「一回でいいから抱いて欲しい」みたいなことを口走った後、沈黙が訪れて、やっべーやらかした!と思って、なーんちゃって、もう帰りましょ!とかなんとかあたふたしだした私に、タバコをふかして息を吐き出した後に、「...いーよ、3万ね♡」ってにやってされたい。情事の後朝起きたらベットはもぬけの殻と思いきや意外にもいる。f:id:doronumachan:20170203191328j:image

どうしたらいいかわからなくてあーとかうーたとか言ってる私に、タバコをふかしながらおはよう♡ってとろけるような笑顔で言ってくれたので、あれ、3万とかあのへんのくだりはやっぱり冗談だったのなかな、とかぼんやり思ってたら、手を差し出し、「初回だから2万にまけといてやるよ」って言われて、羞恥心で絶望したい。のろのろと財布の中から万札を取り出して渡すと、「まいどあり〜♡」と私の大好きな笑顔で受け取り、それをテキトーにコートのポッケにつっこみながら、「いつでも連絡してね♡」と足早に部屋を出る先輩。1人取り残されたら部屋で、自分の惨めさに乾いた笑いと涙を浮かべたい。

 

 

まずは

私の気持ちの悪い性癖を晒して、誠に申し訳ありませんでした!!

相葉ちゃんの猫のくだりとかは100%妄想なので、相葉ちゃんは猫派じゃねーよ、犬派だよ!って思われた方申し訳ございません!健くんも潔癖症だからこんなんじゃないわな!ごめんなさい!あと不倫ダメ絶対!浮気もダメ!クズ男もダメ!

そしてめちゃんこ長い。私の脳内の妄想が止まることをしらない。残念すぎる。

こんなつらつらとクズ男に捨てられたいとか書いてる私ですが、恋愛チキンのアラサーたられば女です!は〜まともな恋愛したい、アイドル以外にときめきたい。そろそろまともに幸せになれますよーに、あーめん!